現場レポート

秦野市にて補修作業!

2019.8.8

 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は秦野市内のお客様邸にて家全体の塗り替え工事のご依頼を頂きました。
 
前回は洗浄作業が完了しましたので、引き続き今回は、目立った部分の欠損や劣化部分の補修を行います。
 
欠損や劣化を説明すると、屋根材のクラック(ひび割れ)、防水部分シール材の劣化、板金継ぎ目部のサビなど多種多様です。
 
そんな中でも今回スポットを当てるのが破風部分の防水工事です。
 
写真を見ていただくととても分かりやすいのですが、破風板が重なっている部分の目地材がはげ落ちてしまっている為、いつ雨漏りが起きてもおかしくありません。
 
そこで今回は破風板の目地部分に水性のパテを打ち込んでいきました。
 
このパテはチューブ状になっており施工がとても簡単です。
 
水性の為、硬化後も塗装可能となっており劣化した部分の補修にはもってこいの製品です。
 
この破風以外にも多数の劣化部分がありましたが、適材適所で対応し全ての欠損、劣化部分を補修する事が出来ました。
 
次回からは養生後に塗装作業に入りたいと思います。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る