現場レポート

神奈川県伊勢原市 付帯塗装 付帯部分も定期的に塗装することが大事!

2020.10.23

雨樋の塗装画像

神奈川県伊勢原市の外壁・屋根・防水工事の続きをレポートします。

本日は付帯塗装の作業をお伝えしていこうと思います。

 

付帯部分とは建物の外壁や屋根以外の部分のことを指します。

付帯部分に含まれるのは雨樋や雨戸、破風板、軒天井、窓枠、玄関、ウッドデッキ などがそうです。

 

上記の写真で行っている作業は雨樋の塗装です。

現在の住宅に多く使われている雨樋は塩ビ性です。

 

塩ビ性の雨樋は年数が経つと色あせて白っぽくなります。

色あせた雨樋は美観を落としてしまうので、外壁だけ塗装しても古い雨樋が目立ってあまりきれいになった気がしません。

塗装工事を行うときは建物全体を塗装することが大事です。

 

破風板塗装の画像

 

雨樋の近くにある破風板は屋根や雨樋から水が流れてくるため痛みやすい部分となっています。

破風板の素材はセメント系を使っている場合と、木材が使われている場合があります。

 

どちらも水を吸収する素材ですので、塗装が劣化していると水を吸って損傷します。

損傷があると補修では直らず交換しなければいけないこともあるので、定期的に塗装を行い保護してあげましょう。

 

付帯部分の塗装が終われば、これで工事は完了となります。

最後に施主様に確認をしていただき無事工事を終えることができました。

 

塗装を検討している方は、まずはこちらの「初めて外壁塗装をする方へ」をご覧ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る