現場レポート

神奈川県伊勢原市 軒天井塗装

2020.11.6

軒天井塗装の画像

神奈川県伊勢原市の現場の続きをレポートいたします。

本日は軒天井の塗装です!

塗装工事となると外壁や屋根ばかり注目してしまいますが、軒天井の塗装も家をきれいに保っていくために重要なところです。

 

日があまりささない北側は湿気がこもりやすく、苔も生えるので劣化を早めてしまいます。

数カ所だけでも劣化が見えてしまうと軒天井の修復も塗装だけでは対応できず張り替えることになってしまうこともあるので、なるべく耐久性を持続できる塗料で軒天井を塗装してあげましょう!

 

軒天井の塗装の画像

 

上述したように軒天井の劣化は湿気が要因していますので湿気に耐性のある塗料を選ぶことがポイントです。

おすすめなのが透湿性のある塗料です。

 

塗料に透湿性があれば湿気がこもらず塗料の劣化を抑えてくれますので、軒天井が腐食してしまうのも抑制できます。

また、防藻性もあれば苔の発生も防いでくれますので、建物の美観も長く保ってくれます。

 

軒天井の塗装工程は、まず下地処理のケレンがけを行い、下塗りから中塗り、上塗りと進めていきます。

軒天井に張られているベニア板は厚さが薄いですので、少しでも劣化すると十分なケレンがけができません。

 

下地処理のケレンがけは塗装の耐久性にとても影響してきますので、劣化が起こらないうちにメンテナンスをすることが大切です。

 

それでは今回の現場レポートはこれまでです。

続きは次回の現場レポートでご紹介します。

 

下地処理の大切さはこちらの「施工前の下地処理」をご覧ください。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る