現場レポート

神奈川県伊勢原市 屋根・外壁塗装工事 外壁・屋根の下塗り

2021.2.28

屋根の下塗りの画像

今回の現場レポートは神奈川県伊勢原市の塗装現場の続きをお伝えします。行った作業は屋根と外壁の下塗りです。まず、下塗り剤を塗布する前に塗布面を磨くケレンを行いました。

 

屋根の下塗りの画像

 

今回塗装した屋根材はスレートです。この屋根材は軽量なため耐震性にも優れ、コストも安価なため住宅の屋根に多く普及されています。

 

スレートの表面には防水性を持たせるために塗装が施されており、その耐用年数も屋根材のグレードによって異なります。しかし、どんなに耐久性が高くても経年劣化を起こしますので、劣化症状が現れましたらメンテナンスすることをおすすめします。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状が出たらご相談ください」をご覧ください。

 

外壁の下塗りの画像

 

続いて外壁の下塗りです。既存の外壁はサイディングが張られておりました。サイディングはデザインが施されている意匠性の高い外壁材ですが、劣化や損傷には注意が必要です。

 

もし、劣化や損傷が起きてしまっていると、模様まで傷がついてしまい、損傷した箇所が目立ってしまいます。また、クリア塗装の場合は、その傷ついた跡がそのまま見えてしまうので注意しましょう。

 

外壁の下塗りの画像

 

今回使用した外壁のシーラーはカチオン系のものを使いました。カチオン系のシーラーは通常のシーラーとは違い密着性、浸透性など機能性を持たせてあります。下塗り剤は塗装の耐久性に非常に影響しますので、塗布面の状態や素材によって適宜対応していくことが大切です。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る