現場レポート

神奈川県伊勢原市 屋根・外壁塗装工事 コーキング打ち替え工事

2021.4.11

コーキング打ち替えの画像

神奈川県伊勢原市の塗装現場の続きをお伝えします。今回はコーキングの打ち替え作業を現場レポートします。サイディングは外壁材の間にコーキングが打たれていて、水が入らないように施工されています。

 

コーキングは太陽の紫外線などが原因して年数が経つにつれて劣化し、防水性が低下するためある程度年数が経ちましたら打ち替えを行いましょう。

 

コーキングについてはこちらの「コーキングについて」をご覧ください。

 

既存のコーキングは劣化していますので弾力をなくして硬くなっています。剥がす時は力が入りますので、外壁材をカッターで傷つけないように慎重に行うことが重要です。

 

コーキング打ち替えの画像

 

コーキングを剥がしたら、次はプライマーを塗って下地との密着性を高めます。今回の現場では施工深さがありませんでしたので、このままコーキングを充填していきますが充填するところが深い場合はバックアップ材を挿入して深さを調整します。

 

コーキング打ち替えの画像

 

施工箇所以外にコーキングがくっつかないようにマスキングテープを貼って養生を行い、コーキングを充填していきます。コーキングには塗装することができる変性タイプと塗料を弾いてしまうコーキングがあります。

 

コーキングの耐久性は5〜7年ほどで塗装よりも早く劣化してきますが、近年販売されているコーキングには高耐久性で長寿命なものも出ております。コーキングの打ち替えをご検討されている方はコーキングの種類にもこだわってみましょう。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る