現場レポート

神奈川県秦野市 付帯部塗装 雨樋 破風板 軒天井 鉄部

2021.9.4

雨樋の塗装の画像

神奈川県秦野市の塗装現場の続きをお伝えします。

今回は付帯部の塗装です。

 

まずは、雨樋の塗装で、作業は下地処理を行った後に上塗りを2回行いました。

こちらの現場に使われている塩ビ製の雨樋は、経年劣化すると破損や水漏れを起こすことがありますので、もしそのような症状がある場合は塗装をする前に補修をします。

 

雨樋についてはこちらの「雨樋修理」をご覧ください。

 

破風板の塗装の画像

 

続いて破風板の塗装です。

こちらも同じく下地処理後に上塗りを2回行います。

 

劣化が進んでいると塗料の密着性が悪くなりますので、このような場合はシーラーを塗布してから仕上げ塗装をします。

 

鉄部の塗装の画像

 

鉄部の塗装は錆止めを塗ってから仕上げ塗装をします。

鉄部は塗装が剥がれると下地が露出して錆が出ることがありますので注意が必要です。

 

上記の写真のように縦桟は水が伝って下に溜まるため劣化が早くなります。

もし、錆びているとどんどん劣化が進み縦桟の下部が朽ちてしまう恐れがありますので、できるだけ劣化が進まないうちに塗装をしてあげましょう。

 

軒天井の塗装の画像

 

最後に軒天井の塗装です。

軒天井も同じく下地処理後に上塗り2回の工程になります。

軒天井は湿気がこもりやすくなっているため透湿性のある塗料で塗ってあげるのがおすすめです。

 

建物の付帯部は他にもありますので、塗装工事をお考えの方は自分のお家の塗装箇所を把握しておくことが大切です。

塗装を行う際は契約前に見積もり内容をよく確認することをおすすめします。

 

見積もりについてはこちらの「料金について」をご参考にしてください。

“mu”

 

海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、秦野市、厚木市、伊勢原市で、塗装工事、屋根工事のことなら、RINOAへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る