現場レポート

伊勢原市にて雨どいのケレン作業!

2019.7.22

 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は伊勢原市内のお客様邸にて外壁、屋根塗装工事のご依頼を頂きました。
 
そこで今回は雨どいについて説明していきたいと思います。
 
雨どいは降った雨を屋根を伝い集水して、排水するための設備です。
 
常に外に出っぱなしの状態ですので、紫外線による劣化で全体的な色抜けが見られます。
 
この色抜けは塩化ビニル製の製品には当たり前に起きてしまい、仕方の無い事です。
 
ですが、せっかく建物を綺麗にしても雨どいが色抜けしていると、見た目が古く感じてしまいます。
 
そこで塗り替えを行うのですが、初めに行う作業はケレンです。
 
この作業はサンドペーパー、ワイヤーブラシなどを使い、塗装面に付いている汚れを取り除き、塗装面にわざと小さな傷を沢山つけていく事が目的です。
 
この小さな傷が塗装するにあたり重要な役割を持っています。
 
雨どいは塗装面がツルツルとしているので、そのまま塗装をすると表面にしか着かず、簡単に剥げてしまいますので、それを防ぐ目的があります。
 
こういった一手間が家を長く綺麗に保つポイントになってくるのです。
 
全ての雨どいのケレン作業を完了しましたので次回以降塗装工事を行なっていきたいと思います。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る