吹き付け塗装

吹き付け塗装とは?

外壁塗装は、洗浄、下地処理という工程を経て塗装に入ります。基本は数回重ね塗りしますが、最後に上塗りといわれる仕上げの塗装を行います。その仕上げ塗装のひとつが「吹き付け塗装」です。
吹き付けとはその名前の通り、スプレーで塗料を吹き付けます。スプレーガンと呼ばれる、塗料を噴出させる道具を利用し、塗料を吹き付ける工法です。

どちらがいい?
~ 吹付塗装 VS ローラー塗装 ~

  • 吹付塗装
  • ローラー塗装
  吹付塗装 ローラー塗装
メリット ・仕上げの模様が豊富
・仕上げ面がきれい
・簡単に厚塗りが可能
・外壁に凹凸が多い場合も、 毛足の長いローラーを用いることで対応可能
デメリット ・ローラー塗装より塗料が飛散しやすく十分な養生が必要
・外壁自体に凹凸が多い場合には、凹部に塗料が行き渡りにくい
・厚塗りには手間がかかる。
・吹き付け塗装より施工に時間が掛かる
・吹き付け塗装に比べると仕上げの模様が少ない

見た目重視なら吹き付け塗装!

吹き付け塗装ではリシン模様、スタッコ模様、石目調など豊富な模様を作り出すことが可能であることが最大の長所といえます。
しかし、塗料の飛散が多く、近隣住民への配慮や養生など、多くの手間がかかり、またスプレーガンを使用するため、騒音などで近隣住民から苦情が来る可能性もあります。さらに、厚塗りするためには塗料の希釈率を下げたり、塗り重ねる工程を増やすなどの工夫が必要です。
ローラー塗装は塗料の飛散が少ないのが長所です。
ローラー塗装、吹き付け塗装はどちらも飛散防止用シートで養生を行いますが、ローラー塗装では塗料の飛散被害の不安が減るため、塗装全体としてはローラー工法が主流になっています。
※2色塗りをローラーでできる塗料もご用意しています ➡ WBアートSiへ

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る