現場レポート

秦野市にて屋根補修作業!

2019.8.3

 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は秦野市内のお客様邸にて外壁、屋根塗装工事のご依頼を頂きました。
 
前回足場立て、防護ネットの張り込みが完了しおり、今回ら塗装の前準備を行なっていきます。
 
前準備の中でもクラック補修についてご説明させていただきます。
 
今回のお客様邸の屋根に使用されている屋根材はコロニアルと呼ばれる軽量の製品です。
 
近年では瓦に変わり、多数の住宅で使用されています。
 
そんなコロニアルですが、経年劣化によるクラックが多数見られる事も特徴です。
 
このクラックはそのまま放置してしまうと雨漏りの原因になり、最悪の場合、屋根や天井を張り替えなければならなくなり、大工事になってしまいます。
 
それを防ぐ為に補修を行うのですが、補修に使用するのが変性シリコンコーキング剤と呼ばれる物です。
 
この変性シリコンコーキングは硬化後に塗装が上から行えるという特性を持っています。
 
後から塗装を行える為屋根色に問わず施工可能です。
 
ひび割れ部分に隙間なく塗り込む事で確実な雨漏り補修を行えます。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る