現場レポート

神奈川県 伊勢原市 防水工事 下地処理〜ケレン作業

2020.8.21

神奈川県 伊勢原市 防水工事 解体画像

 

本日は伊勢原市で防水工事のご依頼をいただきましたので現場報告いたします。

 

ビルは陸屋根といって戸建ての住宅のような勾配のある屋根ではなく、真っ平らな屋根になっています。

陸屋根は多少の勾配はついていますが、戸建て住宅の屋根よりも雨の流れは悪いです。

ですから、屋根の防水はとても大事。

 

屋根の防水性能が劣化していると雨漏りの原因になります。

一度雨漏りを起こしてしまうと以前のような状態に戻るということはありません。

修繕はできますが、コストも掛かりますので雨漏りが起きる前に防水工事をすることをおおすめします。

防水工事を行う目安は、防水面のひび割れやシートの浮き、シーリングのひび割れが確認できた時です。

 

詳しい防水工事については下記のページをチェックしてみてください。

雨漏りなどのトラブルが起きる前に・・・ 防水工事でお住まいの大敵、水分から守ります

 

 

神奈川県 伊勢原市 防水工事 解体画像

 

 

 

まずは既存の防水を解体します。

写真を見てお気づきかと思いますが、床には目地があります。

 

ここにはシーリングを打ち込み水の侵入を防ぎます。

目地にある古いコーキングもきれいに除去します。

 

 

神奈川県 伊勢原市 防水工事 目地解体画像

神奈川県 伊勢原市 防水工事 ケレン作業画像

 

解体が終わったら、次は下地処理のケレン作業です。

ケレン作業は素地調整といわれていて、これから塗布していく防水塗料の密着を良くするために行います。

 

この作業を雑に行なってしまうと塗料が剥がれる原因にもなります。

塗布面を調整するためにケレン作業はとても大事な作業です。

 

では、下地調整が終わりましたら次はプライマーの塗布ですが、続きは次回の現場レポートでご報告します!

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る