現場レポート

神奈川県伊勢原市 外壁・屋根・防水工事 屋根下地処理〜下塗り

2020.9.23

既存屋根差し替え後の画像

神奈川県伊勢原市にて外壁・屋根・防水工事の現場レポートの続きをお伝えします。

前回は屋根の補修についてお伝えしましたが、本日も少しだけ屋根の補修作業がをお伝えします。

 

まずは、屋根の差し替えを行いしっかりとコーキンング処理を行いました。

損傷が激しい場合は、上記の写真のように部分的に屋根の差し替えが可能です。

 

既存屋根補修の画像

 

前回も屋根の欠けている部分をコーキングで補修しましたが、まだありました。

見逃しのないように細かく確認しながら作業を行うことが大事です。

 

塗装の時でも欠けの補修は行えますが、コーキングを塗った後は硬化するまで時間が必要のため塗装作業の効率が落ちてしまいます。

なるべく無駄を省くためにも見逃しなく補修を行なっていくことが大切になります。

 

既存屋根補修後全体写真

 

上記の写真が補修後です。

こうして見るとかなりの数の損傷がありました。

 

損傷をそのままにしてしまうと、水が流れて屋根材の下に敷かれているルーフィングが劣化してしまいます。

このようなことがないように下地処理は念入りに行なっていくことが大事です。

 

下地処理ついては「施工前の下地処理」で詳しいことがご覧にいただけます。

 

それでは、補修が終わったら次は下塗り作業に入ります。

 

既存屋根下塗りの画像

 

下塗りは仕上げ材の密着をよくするための材料です。

シーラーやフィラーなど現場の状態や使用する仕上げ材に合わせて塗布していきます。

 

下塗りが悪いと仕上げ材が剥がれてしまうので、ここも気が抜けない大事な作業です。

屋根面全体に下塗り材を塗布したら、この作業は完了です。

 

それでは、次の作業については次回の現場レポートにてお伝えしていきます。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る