現場レポート

神奈川県伊勢原市 屋根・外壁塗装 現場調査

2020.9.25

建物現場写真

神奈川県伊勢原市にて屋根・外壁についてお問い合わせをいただきましたので、現場調査を行いました。

ご依頼内容は屋根と外壁の塗装です。

 

既存の外壁はサイディング、屋根はスレート屋根でした。

サイディングは窯業系のもので、現在の住宅によく採用されている外壁材です。

 

スレート屋根もサイディングと同様に多く採用されている屋根材ですね。

建物を調査してみると塗膜の痛みがでていましたので、ちょうど塗装をするタイミングのようです。

 

屋根現場写真

 

屋根材も色が落ちて表面のコーディングが剥がれてきていますので、防水性が低下しているでしょう。

お客様から「建物の見栄え以外に塗装する意味ってあるの?」と聞かれました。

 

実は窯業系のサイディングや屋根材のスレートは材の表面にコーティングが施されていて防水性を持たせています。

コーティングは年数が経つにつれて劣化していきますので、防水性は徐々に低下していきます。

 

コーティングの剥がれた材は水が染み込んでいきますので、材自体がどんどんと劣化し強度を落としていきます。

あまりに放置してしまうと破損や強度低下による崩落、欠けがでてきますので、損傷状態が激しいと塗装では直しきれず交換することになります。

 

屋根や外壁の交換となると工事規模が大きくなり費用も高くなりますので、損傷状態が大きくならないうちにメンテナンスをすることが大切です。

ある程度の年数が経ってきたなと感じたら、一度専門業者に見てもらうことをおすすめします。

 

専門業者に点検してもらうことで適切なメンテナンス方法や工事のタイミングを聞くことができます。

こちらでも点検を承っていますので気になるところがありましたら、ぜひご相談ください。

 

点検についてはこちらの「プロが見る無料診断」にてご覧にいただけます。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る