現場レポート

神奈川県伊勢原市 屋根・外壁塗装工事 シーリング打ち替え

2020.10.11

シーリング撤去の画像

神奈川県伊勢原市の現場の続きをレポートします。

本日の作業はシーリング(コーキング)打ち替えです。

 

外壁のサイディングには目地というものがあり、目地にはシーリングが打たれています。

シーリングの役割は隙間を埋めて壁の中に水が流れていかないようにしています。

このシーリングは太陽の紫外線などで経年劣化を起こし、ひび割れや縮みを起こします。

 

このような症状を確認できたら、そろそろシーリングの打ち替えが必要になり、メンテナンスのタイミングは外壁塗装を行う時がいいでしょう。

 

シーリングの劣化を放置してしまうと、壁の中に水が侵入して木材を腐食させたり、シロアリを寄せつけたりする原因となりますので注意が必要です。

シーリン工事は、まず既存のシーリングを撤去します。

 

コーキング工事の画像

 

撤去後、プライマーを塗布し、新しく充填するシーリングの密着性を良くさせます。

シーリングの施工面は細かいので、塗り逃しがないように注意して行います。

 

シール充填の画像

 

シーリングはコーキングガンを使用して打ちます。

はみ出したシールがサイディングにくっつかないように、ちゃんと目地両端にマスキングテープを貼って養生します。

 

シーリング工事の画像

 

コーキングガンでシーリングを充填後、ヘラで直して整えます。

ヘラでシールを均すことできれいに仕上がります。

最後にマスキングテープを剥がしてシーリング工事は完了です。

 

シーリングについてはこちらの「コーキングについて」をご覧ください。

 

それでは続きは次回の現場レポートにてお伝えします。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る