現場レポート

神奈川県伊勢原市 外壁・屋根・防水工事 ベランダ防水

2020.10.15

ベランダの画像

神奈川県伊勢原市にて工事の続きをお伝えします。

本日はベランダ防水工事をご紹介していきます。

 

上記の写真を見ていただいてわかるかと思いますが、既存のベランダは劣化が進んでいました。

ルーフバルコニーの劣化がひどくなると、水が染み込み下の部屋に水が流れてきてしまう恐れがあります。

 

雨漏りの症状でよく確認できるのが天井や壁のシミですが、ルーフバルコニーからの雨漏りも同じような症状が出てきます。

 

ベランダからの被害は下の階の部屋だけでなく、外壁の張り替えが必要になってきたり、柱や梁の腐食が起きたりしますので、劣化を確認したら早急に防水工事を行いましょう。

 

防水工事の画像

 

ベランダ床の補修をしましたら、下塗りのプライマーを塗ります。

これは上塗り材の密着性を良くするために塗ります。

 

 

立ち上がりのところも丁寧に塗っていきます。

 

 

上記の写真は床面を塗布しているところです。

よくベランダにエアコンの室外機が置いてあると思いますが、こちらは架台を使ったり、移動したりしながら作業を進めていきます。

 

外壁や屋根の塗装も大切ですが、ベランダの防水は雨漏りの原因となる場所ですので、しっかりとメンテナンスをしておきましょう。

 

防止工事についてはこちらの「防水工事」でご覧になれます。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る