現場レポート

神奈川県伊勢原市 外壁サイディング下塗り「ハイパーシーラーエポ」

2020.10.23

塗装の画像

神奈川県伊勢原市の現場の続きをレポートします。

本日は外壁の下塗り施工についてご紹介していきます。

 

まずは下塗り前にケレンがけを行います。

ケレンがけはこれから塗料を塗っていくために、元々塗布されている塗料を磨いて素地調整する作業です。

 

塗布面の状態が悪いと塗料の剥がれの原因となりますので、大切な作業になります。

 

ケレンがけなどの下地処理についてはこちらの「施工前の下地処理」からご覧になれます。

 

シーラーの画像

 

今回使用した下塗り材は上記の写真にあるロックペイントのハイパーシーラーエポです。

ハイパーシーラーエポは窯業系サイディングへの塗装が困難とされる光触媒や無機系コーティング材でも高い付着性を実現した下塗り材になります。

 

分子レベルの樹脂成分が素材に十分浸透し、吸い込みの多いセメント系や旧塗膜の塗装面の強化に優れた効果を発揮します。

 

適用する下地材は窯業系サイディングの他に、セメント系素材(コンクリート、モルタル、スレート板など)や新屋根材(スレート、セメント瓦など)、金属系素材、有機系樹脂(硬質塩ビ、FRP、木部)と幅広く対応しています。

 

下塗りのシーラーは塗装の耐用年数にとても影響を与えますので、現場の状態にあった下塗り材を選ぶことが大切です。

 

下塗りが終わった後は乾燥させて上塗りの作業に入っていきますが、続きは次回の現場レポートにてお伝えします。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る