現場レポート

神奈川県秦野市 ベランダ防水塗装工事

2020.10.30

ケレン作業の画像

神奈川県秦野市にてベランダ防水塗装工事の現場レポートをご紹介します。

住宅のベランダに塗装されている防水はFRP防水塗装かウレタン防水塗装が一般的です。

戸建て住宅のベランダはFRP防水塗装が多いかと思います。

 

FRP防水は船底の防水にも使用されており、床面が硬い特徴があります。

ウレタン防水は弾力があり、床面を指で押すと少し沈みます。

 

ベランダ防水の画像

 

FRP防水塗装は下地処理を行い、プライマーを塗ってからガラスマットを敷き、トップコートを塗布します。

今回は防水層となるガラスマットの劣化がありませんでしたので、トップコートのみのメンテナンスで大丈夫でした。

 

定期的にトップコートを塗布してあげれば、ガラスマットを新しく敷設する必要がありませんので、工事費用も抑えることができます。

 

防水塗装の画像

 

ベランダの防水は雨漏りにつながりますので、損傷や劣化には注意しましょう。

また、ベランダの排水口詰まりも雨漏りや劣化を早めてしまう恐れがあります。

 

そのため落ち葉などが溜まっていないかよく確認してこまめに掃除しておくことが大切です。

ベランダからの雨漏りは階下の部屋に多大な被害を与えてしまいます。

 

直すにも工事規模が大きくなることがあるため、被害が大きくならないうちにベランダの防水をしておきましょう。

防水工事についてはこちらの「防水工事」からご覧になれます。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る