現場レポート

神奈川県伊勢原市 シャッター塗装 

2020.11.8

下地処理の画像

神奈川県伊勢原市の塗装工事の続きをお伝えします。

本日はシャッターの塗装です。

 

シャッターは金属部分の塗装ですが、基本的に工程は同じように進んでいきます。

まずは、ケレンがけをして素地調整を行います。

 

 

その後にエアスプレーを使用して下塗りを塗布します。

 

中塗りの画像

 

下塗り後は中塗りです。

業者によっては中塗りを上塗りと表記していることもありますが、中塗りと上塗りは同じ仕上げ塗料を塗布する作業工程になります。

 

上塗りの画像

 

上記の写真は上塗りしている時の写真です。

ハケで塗装することもありますが、シャッターのような波型の塗装はスプレーガンを使用する方が綺麗に仕上がります。

 

塗装回数は下塗りと中塗り、上塗りの合計3回です。

塗装する面の劣化が激しいと塗装してもあまり長持ちしないので、金属部分は劣化する前に塗装することが長期的に持続させていくポイントです。

 

中塗りの画像

 

シャッターの塗装はスラットの他にシャッターボックスも塗装できます。

 

今回はシャッターの塗装を中心にご紹介させていただきました。

外壁や屋根以外にシャッターも塗装することで建物全体の美観が向上します。

塗装を検討している方は建物全体を塗装することをおすすめします。

 

外壁塗装が初めての方は、まずはこちらの「初めて外壁塗装をする方へ」をご覧ください。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る