現場レポート

神奈川県伊勢原市 付帯塗装工事

2020.11.15

施工画像

神奈川県伊勢原市の現場の続きをレポートします。

本日は付帯塗装工事をご紹介します。

 

上記の画像は破風板を塗装しているところです。

今回の現場の破風板は木材ではなく窯業系ですが、これも水を吸収する素材のため塗膜が劣化していると痛むのも早くなります。

 

そのまま劣化を放置していると腐食して補修では直らなくなってしまうので、劣化する前に塗装してあげることが大切です。

 

もし、破風板を交換することになると大工さんに依頼しなければいけません。

そのため材料費と工事費用が嵩むので注意しましょう。

 

施工画像

 

付帯塗装は外壁や屋根以外の箇所の塗装を指しますが、外壁の水切りも塗装することができます。

水切りとは外壁の中に入ってきた水の出口となる場所です。

水切りがあることで水が入っても外壁内に溜まらない構造となっています。

 

施工画像

 

上記の写真は庇を塗装しているところです。

庇は霧除けともいい、小さな屋根のところです。

 

ここは鉄部ですので錆止めを塗布してから上塗りをしていきます。

付帯塗装が終わったら全ての工程は完了となります。

 

最後に塗り残しや不具合がないか確認をしてから、足場を撤去しました。

仕上がった家をお客様に見てもらった時にとても喜んでいただけましたので、本当によかったです。

これからもアフターサービスで定期的にご訪問させていただきます。

 

アフターフォローについてはこちらの「安心の定期訪問サポート」をご覧ください。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る