現場レポート

神奈川県伊勢原市 外壁・屋根塗装工事 目地シーリング打ち替え

2020.11.26

シーリング工事の画像

神奈川県伊勢原市にて外壁・屋根塗装工事の現場の続きをレポートします。

今回お伝えする作業はサイディングの目地シーリングの打ち替えです。

 

サイディングは建物が揺れることを考慮して、外壁材同士がくっつかないように隙間を開けて張ってあります。

この隙間にシーリングを打って防水処理をするのですが、シーリングは紫外線によりひび割れなどの劣化を起こします。

 

シーリングにひび割れができると水が入ってきてしまうので、そのまま放置すると防水シートも劣化して雨漏りを起こしてしまいます。

 

シーリング工事の画像

 

シーリングの打ち替えは、まず既存のシーリング剤を撤去してプライマーを塗ります。

プライマーを塗布するとき余計なところにプラマーがくっつかないように養生をしてあげます。

 

シーリング工事の画像

 

今回は外壁をクリア塗装で仕上げるためシーリングの色も重要でした。

採用した色は外壁材とよく合う少し薄めのブラウン系です。

 

塗りつぶしで仕上げる場合はシーリングの色が隠れてしまうのであまり関係ありませんが、今回のようにクリアで仕上げるときはシーリングの色も見えてきますので、どんな色で仕上げるかこだわってみましょう。

 

それでは今回の現場レポートはここまでです。

続きの作業については次回の現場レポートでご紹介していきます。

 

今のシーリングは耐久性も向上して長持ちするようになりました。

長寿命のコーキングもありますので詳しくはこちらの「コーキングについて」をご覧ください。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る