現場レポート

神奈川県秦野市 軒天井シーリング補修

2020.12.11

軒天井補修の画像

神奈川県秦野市の外壁・トタン屋根塗装工事の続きをお伝えします。

今回の現場レポートは軒天井の作業です。

 

既存の軒天井はピーリングといって木目の入った材料が使われていました。

一般的に使用される材料はケイカル板か、3〜5mmほどの合板を用いられることが多いです。

 

このピーリングの木目は印刷のものや天然木のものがあり、ぱっと見では見分けが難しい素材。

また、経年劣化により褐色してきますので、放っておくと黒ずんで見栄えを悪くさせてしまいます。

 

軒天井補修の画像

 

軒天井の目地にはわずかな隙間があります。

この隙間をコーキングで埋めるので、隙間以外のところにコーキングが付かないようにマスキングテープを貼ります。

 

軒天井補修の画像

 

上記の写真は隙間にコーキングを打っているところです。

今回は軒天井を塗装しますので、塗装ができる変性タイプのコーキングを使用しました。

 

軒天井補修の画像

 

コーキングが充填できましたら、最後にヘラで均して仕上げます。

軒天井は等間隔で一枚ずつ貼ってあるため、このような目地がいくつかあります。

 

塗装するためにすべてにマスキングテープを貼ってコーキングを充填しました。

コーキング硬化後、塗装の作業に入っていきますが、今回の現場レポートはここまでです。

 

続きは次回の現場レポートご紹介していきます!

コーンキングについてはこちらの「コーキングについて」のページをご覧ください。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る