現場レポート

神奈川県秦野市 瓦棒屋根仕上げ塗装

2020.12.26

トタン屋根塗装の画像

神奈川県秦野市の現場の続きをお伝えします。

前回の現場レポートは瓦棒屋根の錆止め塗装までをご紹介しました。

今回はいよいよ仕上げ塗装を行っていきます。

 

瓦棒屋根はトタンで葺かれていますので、ちゃんと塗装をして保護することが大切。

劣化が進んでしまったり、錆が出てしまったりすると、塗装では対応できず張り替えなければいけなくなることがありますので注意しましょう!

 

トタン屋根塗装の画像

 

上記の写真にあるように瓦棒屋根は凸部分があります。

ここには心木が敷かれており、その上にキャップ状にしたトタンが被せてあります。

ここのところの防水処理が適切でないとトタンの下にある心木まで水が流れてしまい水を吸って腐食してしまうので注意が必要です。

 

トタン屋根塗装の画像

 

瓦棒屋根は定期的に塗装をしてあげれば耐久性の向上だけでなく、美観も保つことができます。

しかし、トタンが劣化して屋根自体の強度を低下させてしまうと、屋根が動いてしまい塗膜が剥がれやすくなってしまいます。

 

このような症状が見られる場合は屋根下地の張り替えやトタンの張り替えをしないといけません。

また、雨漏りのリスクも高くなり、生活に支障をきたす恐れがありますので、屋根は定期的にメンテナンスをすることをお勧めします。

 

屋根の塗装についてはこちらの「屋根塗装」をご覧ください。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る