現場レポート

神奈川県秦野市 雨樋・破風(鉄部)塗装

2021.1.3

雨樋塗装の画像

神奈川県秦野市の現場の続きをお伝えしていきます。今回の現場レポートは雨樋と破風の塗装です。上記の画像は雨樋を塗装しているところです。既存の雨樋は塩ビ製のものが使われおり、経年劣化により色褪せていました。塩ビ製の雨樋は低コストでありながらも強度がある素材です。

 

雨樋塗装の画像

 

雨樋の塗装も行程は基本一緒です。下地処理を行ってから下塗り→中塗り→上塗りと進んでいきます。雨樋は塗装をすると艶が出て建物の美観も向上しますので、塗装工事を行う時は雨樋も忘れずに塗装をしておきましょう!

 

鉄部塗装の画像

 

今回ご依頼いただいたお客様のお家の破風は鉄で出来ていますので錆止めを塗布しました。破風が鉄製なのは鉄骨造などのお家に多く見られ、破風の裏には軒樋が隠れている構造になっています。

 

鉄部塗装の画像

 

上記の写真は破風の中塗りです。写真を見てわかるかと思いますが、破風に挟まれて軒樋があります。鉄で仕上げられているものは劣化する前に定期的に塗装をすることが大切です。錆が発生し腐食が進むと朽ちてしまい修復が困難になりますので注意しましょう!

 

チョーキングやひび割れなど劣化症状が見えたらメンテナンスを行うタイミングです。

詳しくはこちらの「こんな症状が出たらご相談ください」でお伝えしていますのでご覧ください。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る