現場レポート

神奈川県伊勢原市 外壁塗装工事 施工前点検

2021.1.18

施工前の画像

神奈川県伊勢原市のお客様から外壁塗装工事のご依頼をいただきましたので、現場レポートをご紹介します。今回は施工前の点検をお伝えしていきます。

 

既存外壁の塗膜は劣化しており、また上記の写真のようにビスが取り付けてあった跡がそのまま残っておりました。ビス穴はコーキングで埋めておかないと、そこから水が入ってきてしまうので塗装工事を行う際に補修をしていきます。

 

施工前の画像

 

雨樋も色褪せが進んでおり、金具のところも錆が出ています。雨樋金具のように鉄部の錆は長期間放置してしまうと朽ちてしまい補修が難しくなります。補修が困難な場合は交換工事などが必要になってきますので注意しましょう!

 

施工前の画像

 

塗装が劣化すると色が褪せてくるのもそうですが、付着した汚れも目立ってきます。塗装の劣化症状でよく起こるのがチョーキング現象です。チョーキングとは塗料の樹脂が劣化して顔料が白い粉状になって現れる症状のことです。このような症状が出ていると塗装が劣化し、防水性をなくしていますので塗り替えを検討しましょう。

 

症状についてはこちらの「こんな症状が出たらご相談ください」をご覧ください。

 

それでは今回の現場レポートはここまでです。続きは次回の現場レポートでご紹介致しますので楽しみにお待ちください!

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る