現場レポート

神奈川県伊勢原市 瓦屋根の漆喰補修・瓦差し替え工事 施工前の状態確認

2021.5.9

施工前の画像

神奈川県伊勢原市にて瓦屋根の漆喰補修を行いました。

瓦の屋根は土や漆喰を接着剤として用いて瓦を葺きます。

屋根は風雨や太陽の直射日光にさらされる場所ですから、年数が経つにつれて漆喰は劣化していきます。

 

施工前の画像

 

上記の写真のように漆喰が劣化するとひび割れや剥がれが出てきますので、少しずつですが瓦の固定力も落ちてきます。

 

年数の経っている瓦屋根を登って点検してみると時々ボロッと石くらいの塊で漆喰が剥がれてしまっていることがあります。

 

漆喰が剥がれていると瓦の下に盛っている土が流れてしまいますので、このような状態を放置してしまうとさらに屋根の状態は悪くなってしまいます。

 

施工前の画像

 

劣化を放置してしまうと土が流れていき、瓦がずれてしまったり、崩れてしまったりする恐れがあります。

 

瓦を固定する力が弱くなっているとちょっとした風で飛ばされてしまう可能性がありますので、近隣の建物や人に危険を及ぼしてしまいます。

 

被害が出てからでは遅いですので、屋根の状態は定期的に確認しておき、損傷や劣化がありましたらその都度直しておくことが大切です。

 

屋根の状態を知りたい方はこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

 

それでは今回の現場レポートはここまでです。

次回は漆喰の補修作業をご紹介していきますので楽しみにお待ちください。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る