現場レポート

神奈川県厚木市 S様邸 屋根・外壁塗装工事 塗装の浮きや剥がれの症状

2021.5.23

劣化した外壁塗装の画像

神奈川県厚木市の塗装現場にて塗装工事の続きをレポートします。

今回は外壁塗装の劣化についてご紹介していきたいと思います。

 

こちらの現場では塗装の劣化により下地から塗装が浮いている状態でした。

塗装が浮いているかどうか確かめるときは、塗装されているところを軽く叩いてあげるとわかります。

 

塗装が浮いていると叩いたときに鈍い音がしますので、このような音が鳴ったときは塗装が下地から剥がれて浮いてしまっているということです。

 

塗装の浮きは上記の写真のようにクラックがあると起こりやすいです。

また、水が壁内に侵入していればどんどん水の流れは広がっていきますので、この状態でも塗装の浮きは発生します。

 

劣化した外壁塗装の画像

 

塗装が浮いているとその上から塗装することができませんので、上記の写真のように浮いてしまっている塗装を剥がさなければいけません。

 

吹き付け塗装で仕上げている場合は模様も壊れてしまいますので、新しく吹き付け塗装をして模様をつけていく必要があります。

 

工事の工程が多くなるため工事費用も通常より高くなりますから、なるべく状態が悪くなる前にメンテナンスすることが大切です。

何よりも外壁の下地に水が染み込んでいくため壁内の木部が腐食してしまう可能性もあります。

 

長く建物を維持していくためにも定期的に状態を確認して、適切なタイミングでメンテナンスをすることが大切となってきますので、普段から劣化症状には注意しておきましょう。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状が出たらご相談ください」をご覧ください。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る