現場レポート

神奈川県伊勢原市 屋根・外壁塗装工事 屋根スレートの補修

2021.7.11

施工前の屋根の画像

神奈川県伊勢原市の塗装現場の続きをお伝えします。

こちらの建物の屋根はスレートが張られていました。

 

スレートはコロニアルまたはカラーベストと呼ばれていることもあり、住宅に多く普及する屋根材です。

コストも安価なものからハイグレードなものまであり、軽量で耐震性に優れる屋根材です。

 

ひび割れた屋根の画像

 

スレート自体はそこまで厚さがありませんので、年数が経ってくると上記の写真のようにひび割れを起こすことがあります。

また、塗装も劣化してきますので色あせや防水性も低下してきます。

 

スレートはセメントが原料ですので元々吸水する性質があるため塗装をして撥水性を持たせています。

しかし、塗装が劣化すると水を吸ってしまうため劣化を早めるばかりでなく、色も落ちてきて美観性が低下してきます。

 

塗装の劣化は10年ほどが目安となりますので、このくらいの年数が経っていましたら一度塗装業者に状態を見てもらいましょう。

 

無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

 

屋根補修の画像

 

屋根塗装ではひび割れているスレートは補修を行ってから塗装を行います。

上記の写真はコーキングをひび割れ部分に打って補修をしたところです。

 

屋根補修の画像

 

屋根の年数が経っているとスレートのひび割れも一枚二枚じゃ済まずたくさんあります。

補修した跡は塗装前だと目立ちますが、この後に塗装をすれば目立たなくなります。

 

損傷部分を残したまま塗装をしてしまうと後々トラブルに発展する恐れがありますので、塗装を行う際はちゃんと悪くなっているところを直してから塗装を行いましょう。

 

屋根塗装についてはこちらの「屋根塗装」をご覧ください。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る