現場レポート

神奈川県伊勢原市 屋根・外壁塗装工事 水切り補修

2021.7.28

水切り補修の画像

神奈川県伊勢原市の塗装現場の続きをお伝えします。

こちらの現場では既存の水切りがへこんでしまっている状態でした。

このままですと見栄えが悪いですので、玄能で叩いて形を直していきます。

 

水切りというのは、あまり馴染みがないかもしれませんが、サイディング外壁の建物によく使われている部材です。

名前の通り水に関係する部材で、外壁に伝ってくる水を外側に流す役割があります。

また、外壁の中に入ってしまった水もそのまま基礎の中に流れていかないように水切りがあります。

 

外壁の下部のところをぐるっと一周して水切りが取り付けられているため、普段は目に入らないかもしれませんが、思いの外に建物のデザインとして表に出てきますので、外壁塗装を行うときはちゃんと塗装をして見栄えを良くしておくことが大切です。

 

水切り補修の画像

 

水切りは鉄製ですが、そこまで強度があるというわけではありませんので、衝撃を与えてしまうと簡単にへこんでしまいます。

建物に接して駐車スペースがある場合、車をぶつけて損傷させてしまうこともありますのでご注意ください。

 

水切りは外壁の内側に取り付けられていて、交換する場合は既存の外壁を剥がさなければいけなくなってしまうため、水切りを直すためだけに外壁を解体するのは、割高であまりメリットがありません。

 

損傷が軽度の場合は補修で対応できることがありますので、同じような損傷を起こしてしまい悩んでいるという方は、一度業者に相談することをおすすめします。

 

RINOAは無料で建物の診断を行っておりますので、もしお困りのことがありましたらお気軽にご相談ください。

無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る