現場レポート

神奈川県伊勢原市 屋根・外壁塗装工事 付帯部 水切りの塗装

2021.7.29

水切りのケレンの画像

神奈川県伊勢原市のお客様から塗装工事のご依頼をいただきました。

今回はこちらの現場から水切りの塗装作業をご紹介いたします。

 

水切りは外壁の下部に取り付けられている鉄製の部材になります。

外壁塗装工事では付帯部にはいるところで、年数が経ってくると色あせてきて見栄えも悪くなってきます。

 

古いところが残っているといくら外壁がきれいになっても、そこだけが目立ってしまい美観性の向上につながりませんから、外壁塗装工事をされる方は塗り残しがないようにしましょう。

 

水切り塗装工事の画像

 

水切りをケレンしてから、次は下塗りを行います。

下塗りには錆止めを使いました。

下塗り剤は仕上げ剤で変わってきますので、選んだ塗料の施工マニュアルに従って材料を選ぶことが大切です。

 

水切り塗装工事の画像

 

下塗りが完了したら中塗りです。

塗装ごとに乾燥時間がありますので、塗料が乾いたら次の塗装を行います。

塗料が乾いていないうちに塗り重ねてしまうと施工不良を起こしてしまう可能性がありますので注意が必要です。

 

塗装工事の工程についてはこちらの「施工の流れ」をご覧ください。

 

水切り塗装工事の画像

 

中塗り後は上塗りを行って塗装が完了です。

水切りは小さい部材ですので、普段はあまり気にされないかもしれませんが、劣化で色あせているとけっこう目立ってしまいますので、外壁塗装工事の際はちゃんと塗装をしておきましょう。

 

付帯部とまとめて見積もりに記載されてしまうとどこを塗装するのかわからなくなってしまいますので、しっかり内訳を確認し、塗装する箇所が不明確の場合は依頼する業者にどこを塗装するのか具体的に説明をもらうことが大切です。

 

見積もりについてはこちらの「料金について」をご覧ください。

“mu”

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る