現場レポート

神奈川県伊勢原市 屋根・外壁塗装工事 屋根の下塗り

2021.7.29

屋根の下塗りの画像

今回の現場レポートは屋根塗装の下塗り作業をお伝えします。

こちらの屋根はひび割れが複数箇所ありましたのでコーキングで補修を行っています。

 

屋根塗装を行う際は、状態が悪くなっている箇所を補修しておくことが大切です。

塗装をしてしまえば見た目ではわからなくなりますが、悪くなっているところを残しているのには変わりなく、性能の向上になりませんので、不具合箇所は放置せずにちゃんと補修をしておきましょう。

 

補修後はケレンを行ってから下塗りをします。

屋根塗装の下塗りも外壁塗装と同じように下地と塗料の密着性を高める役割があります。

 

屋根の下塗りの画像

 

屋根材の状態によっては塗料を多く吸ってしまうこともありますので、このような状態の場合は、再度塗料を塗り重ねる必要があります。

 

下塗り剤も適切な塗膜厚がありますので、施工マニュアルに従って作業を進めることが大切です。

屋根の塗装は建物の美観性に関わってきますので、塗装が色あせてしまっている場合は、塗り替えをご検討ください。

 

外壁塗装を行う際は足場を組みますので、このタイミングで屋根塗装を行うとトータルメンテナンスにかかる費用の節約にもつながります。

 

屋根と外壁を同時に塗装するメリットについては「屋根と外壁はセットがお得」でお伝えしておりますので、良ければこちらをご参考ください。

“mu”

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る