現場レポート

神奈川県伊勢原市 屋根・外壁塗装工事 屋根・破風板の塗装

2021.8.8

屋根の塗装の画像

今回の現場レポートは屋根塗装の作業をお伝えします。

屋根は下地処理と下塗りを行いましたので、次は仕上げの塗装になります。

屋根の塗装は外壁と同様に損傷がありましたら塗装前に補修を行っておきましょう。

 

また、屋根塗装ではタスペーサーという部材を取り付けて縁切りしておく必要がありますので、屋根塗装をご計画されている方は、縁切りとはなんのことなのか知っておくことをおすすめします。

 

縁切りについてはこちらの「下地調整の重要なポイント5 縁切り作業」をご覧ください。

 

中塗りから仕上げ材を塗布していきますので、屋根の印象も施工前と比べて変わってきます。

屋根に色つやが戻ると建物に重厚感が生まれ存在感が出てきます。

 

破風板のケレンの画像

 

屋根塗装の次は破風板の塗装です。

まずはケレンを行います。

こちらの建物のように破風板が木材だと腐食に注意しなければいけません。

 

破風板は屋根や雨樋の近くにあり、水に触れる機会が多く痛みやすいため、定期的に塗装をして保護しておくことが大切です。

 

塗装の劣化症状についてはこちらの「こんな症状が出たらご相談ください」をご覧ください。

 

破風板の塗装の画像

 

ケレン後下塗りです。

下塗りはシーラーを塗布しました。

 

破風板の塗装の画像

 

最後に仕上げの塗装を行います。

2階の破風板を交換しなければいけなくなってしまうと足場が必要になります。

 

破風板を交換するためだけに足場を設置するのは割高ですので、外壁塗装を行うタイミングでメンテナンスしておくことをおすすめします。

 

足場についてはこちらの「屋根と外壁はセットでお得」でお伝えしておりますので、ぜこちらもご覧ください。

“mu”

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る