現場レポート

神奈川県海老名市 I様邸 付帯部 出窓の塗装 ベランダ防水塗装

2021.9.26

庇の塗装の画像

本日の現場レポートは神奈川県海老名市の現場の続きをお伝えします。

出窓の上部は鉄部となっていて、下地処理の後は塗装をしていきます。

 

下地処理についてはこちらの「施工前の下地処理」をご覧ください。

 

鉄は塗装が劣化すると下地の鋼板が露出するため、長い期間そのままにしていると錆が発生してしまいます。

 

多少の錆なら問題ありませんが、材厚が薄くなってしまったり、朽ちてしまったりすると塗装に影響を与えてしまいますので、なるべく痛む前に塗装をして保護することが大切です。

 

庇の塗装の画像

 

外壁塗装に使う塗料は下地にちゃんと密着していないと耐久性や塗料の性能を最大限発揮することなく剥がれてしまう恐れがあります。

密着性を高めるには下地処理など一つ一つの工程を丁寧に行うことが大切です。

 

塗装工事の工程はこちらの「施工の流れ」をご覧ください。

 

ベランダ防水塗装の画像

 

続いてベランダの防水塗装です。

こちらの現場はコンクリート床となっていますので、水を吸ってしまいます。

 

下に防水シートが敷設されていますので、屋内にまで水が浸透してくることはありませんが、防水シートも劣化してくるため、痛んでいる場合は水が流れていってしまう恐れがあります。

今回は床を撥水性のある塗料で塗装をしていきます。

 

ベランダ防水塗装の画像

 

塗装工程は基本同じような流れです。

下地処理を行なった後、下塗りのプライマーを塗布し、仕上げ剤を塗装していきます。

防水施工はいろいろな工法がありますので、現場に合わせて最適な工法を採用することが大切です。

 

RINOAは建物診断を無料で行っておりますので、どんな工事をしたらいいかわからないという方はお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

 

ベランダ防水についてはこちらの「防水工事」をご覧ください。

“mu”

 

海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、秦野市、厚木市、伊勢原市で、塗装工事、屋根工事のことなら、RINOAへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る