現場レポート

神奈川県泰野市 S様邸 コーキング~外壁塗装

2022.3.2

 

本日は、神奈川県泰野市のS様邸でおこなったコーキングから外壁塗装の工程をご紹介します。

 

コーキングはシーリングとも呼ばれ、外壁と外壁の隙間を埋めるためのものです。

 

まずは、元のコーキングを撤去する作業から始め、マスキングテープで養生をおこないます。

 

 

コーキング作業

 

 

これはすでにプライマー塗装をおこなった後、コーキングを流し込んで、養生を剥がした状態です。

 

コーキングを流し込んだあとは、ヘラで均等にならします。

 

そうすると、このようなきれいな見た目になります。

 

コーキングについてはこちらから

 

 

下塗り作業

 

 

コーキング作業が完了したので、次は下塗りをおこないました。

 

コーキングのあとに塗料を塗ることを、先打ち工法といいます。

 

先打ち工法には、コーキングの劣化を防ぐ効果や外壁の仕上がりがきれいになる効果があるのです。

 

 

中塗り~上塗り作業

 

 

下塗りが乾燥したあとは、中塗りと上塗りをおこなって完了です。

 

中塗りと上塗りの塗料は、同じものを使用します。

 

塗料についてはこちらから

 

*K*

 

 

海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、秦野市、厚木市、伊勢原市で、塗装工事、屋根工事のことなら、RINOAへお気軽にご相談ください。

 

神奈川県伊勢原市の外壁塗装店【RIONA】

 

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る