現場レポート

伊勢原市内にて屋根塗装工事。

2019.7.12

 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は伊勢原市内のお客様邸にて屋根塗装工事のご依頼を頂きました。
 
前回までに屋根の洗浄作業が完了していましたので、今回は下塗り作業を行います。
 
下塗りって何?と思いますよね。
 
下塗りは、シーラーと呼ばれる無色透明な塗料を屋根材に塗る作業です。
 
このシーラー、屋根塗装や外壁塗装の際にはなくてはならない材料なのです。
 
説明すると、塗装面→シーラー→上塗りの順に塗ることによらお互いをしっかり密着させてくれます。
 
その他にも塗装面が痛んでいた場合に、塗料を直接塗ると、塗装面が塗料を吸い込んでしまい、仕上がりに色ムラができてしまいます。
 
この吸い込みを抑える為、先にシーラーを塗る事が色ムラを減らすことにも役立ちます。
 
長期で見た場合にもシーラーの有無で塗装の寿命にも大きな差が出てきますので、下塗りがいかに大切か分かります。
 
ローラー等で塗っていきますが、塗ってすぐに上塗りは行わない様にします。
 
シーラーが乾く事で密着力が増しますので必ず乾燥させます。
 
今回な下塗りを完了出来ましたので、次回以降上塗りを行なっていこうと思います。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る