現場レポート

伊勢原市にて防水工事

2019.7.15

 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は伊勢原市内のお客様邸にて外壁塗装工事に伴う目地シール材の打ち替えを行いました。
 
目地シール材とは、簡単に言うとコーキングと呼ばれるものです。
 
このコーキングは主に防水工事の際に使用します。
 
外壁塗装工事に伴っての防水工事は、サイディングとサイディングの継ぎ目の目地部分のコーキングの打ち替えです。
 
コーキングは施工時はドロドロと粘度が高い為、とても扱いやすく、施工性も高いですが、これが時間と共に硬化してくると弾力を持ち、接している部分からは中々剥がれまけん。
 
打ち替えの際は、この剥がれないコーキングをカッターなどを使って力一杯剥がしていきます。
 
剥がし終えたら、目地の中まで綺麗に清掃を行います。
 
その後目地の外側をマスキングテープを使い養生していきます。
 
この際目地ぴったりにマスキングテープを貼るのではなく、両サイドを数ミリ空かしてあげる事で壁と目地両方にコーキングが密着し、防水性も格段に上がります。
 
コーキング打ちまで完了したら後はマスキングテープを丁寧に剥がして完了です。
 
今回は防水工事が完了しましたので、次回以降残工事を進めていこうと思います。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る