現場レポート

伊勢原市にてコーキングの打ち替え作業!

2019.7.24

 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は伊勢原市内のお客様邸にて外壁塗り替えに伴うコーキングの打ち替え作業を行いました。
 
まずは、既存コーキングの撤去からスタートします。
 
コーキングの撤去は密着している部分の縁をカッターなどで切り、思い切り引き剥がしていきます。
 
この作業とても地味な見た目なのですがとても力のいる作業で、体力勝負です。
 
コーキングは外壁の目地から雨水の侵入を防ぐ為に使用します。
 
ただ、経年劣化により密着部との縁が切れたり、目地内のコーキングそのものの劣化が進むと、ひび割れなどの症状が現れます。
 
早い段階で対応しなければ、劣化部分から雨水が侵入してしまい、最悪の場合は基礎の土台まで届き、土台を腐食させ耐久性、耐震性に問題が出てきます。
 
こうなってしまうと補修などでは手がつけられず、大工事になってしまいます。
 
その為目地部に劣化が見られる場合は専門の業者に確認を依頼してみるのも一つの手だと思います。
 
今回は朝から撤去を始め、一日かけて打ち替えを完了する事が出来ました。
 
家を守る為にはしっかりとしたメンテナンスが大切ですね。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る