現場レポート

秦野市にて屋根板金の防水工事!

2019.7.31

 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は秦野市内のお客様邸にて屋根塗装工事のご依頼を頂きました。
 
前回の作業では屋根の洗浄、ケレンを行いましたので、今回は塗装作業に入る前に、劣化が見られた屋根の板金の防水工事を行いたいと思います。
 
屋根の板金?
 
ピンと来ない方も多いと思います。
 
板金とは、屋根材のことではなく、屋根に施工されている板金の事です。
 
説明させて頂くと、板金を屋根で使う場合、寄棟などの角部分から屋根の頂点にかけて施工されている事が多いです。
 
防錆塗装がされてるとはいえ、あくまでも金属。
 
経年劣化による錆も目立ってきます。
 
こういった経年劣化も塗装を塗り替える事で長く寿命を延ばす事が出来ます。
 
話が逸れました、ここからが本題です。
 
板金は金属の板同士を重ね合わせ施工していきます。
 
金属が重なった部分はコーキングなどの防水材で防水を行っています。
 
このコーキング部分の劣化が雨漏りを引き起こしてしまうのです。
 
我々は、今回のように屋根の塗り替えを行う場合に一緒に施工することをお勧しています。
 
全ての目地部分に変性シリコンコーキングを打っていきます。
 
きちんと継ぎ目部分に養生をすませてからコーキングを打っていきす。
 
板金部分の防水工事は完了しました。
 
次回以降に塗装作業に入りたいと思います。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る