現場レポート

神奈川県秦野市にて外壁塗装用の目地シール材撤去!

2019.12.7

 
いつもご覧頂きありがとうございます。
 
今回も現場レポートの報告です。
 
今回は神奈川県秦野市内のお客様邸にて外壁の塗り替え塗装工事のご依頼を頂きました。
 
前回までの作業では、洗浄作業が完了していましたので、今回は目地シール材の撤去と、養生を行いました。
 
目地シール材の撤去はただひたすら既存のシール材を引き剥がしていくという作業ではあるのですが、これが中々簡単には行きません。
 
まず両脇の縁をカッターなどを使用してサイディングから切り離します。
 
そしたら後は力一杯引き剥がすのです。
 
ですが全て綺麗には引き剥がす事は出来ないので、ちぎれた部分を再度カッターなどで丁寧に取り除いていきます。
 
小さなカスやゴミなどが付着したままだと、新たに打ち替えるシール材と目地との間に隙間ができてしまい、防水性能を損なってしまうからです。
 
仕上げばかりが綺麗でも、きちんと書く部分が性能を発揮できなければ、何の意味もないのです。
 
丸一日をかけて撤去、養生が完了しましたので次回から打ち替え作業を進めていきます。
 
外壁塗装、屋根塗装、塗装工事についてお悩みのお客様! 是非お声掛けください!
 
★K★

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る