現場レポート

神奈川県秦野市 外壁・トタン屋根塗装工事 下地処理

2020.11.21

下地処理の画像

神奈川県秦野市の現場の続きをレポートします。

まず、作業を行うために足場を設置しました。

 

足場の設置後、高圧洗浄を行い下地処理を行います。

通常はケレンがけから始めるのですが、今回は金属外壁を固定する釘の浮きが複数箇所ありましたので、一本ずつ打ち込んで直していきます。

 

下地処理の画像

 

こちらが完了したらケレンがけ(素地調整)を行います。

 

下地処理の画像

 

上記の写真は雨樋をケレンがけしているところです。

雨樋も経年劣化により色が褪せてきます。

 

また、損傷がある場合は塗装を行う前に補修をしますので、雨樋が壊れてしまっているという方は塗装工事を行うタイミングで雨樋を補修することをお勧めします。

雨樋修理についてはこちらの「雨樋修理」からご覧ください。

 

下地処理の画像

 

上記の写真は雨戸のケレンがけです。

雨戸は白サビができますので建物の美観を落としてしまいます。

定期的に塗装することをお勧めします。

 

下地処理は塗装工事の中でも大切な工程です。

下地処理が適切に行われていないと塗装をしてもすぐに剥がれてしまう可能性がありますので、塗装工事が初めての方は業者に下地処理についてもよく聞いておくことがポイントです。

それでは下地処理が終わりましたので次の行程に入っていきますが、続きは次回の現場レポートでお伝えします。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る