現場レポート

神奈川県秦野市 外壁・トタン屋根塗装 外壁塗装作業

2020.12.2

外壁塗装の画像

神奈川県秦野市の現場の続きをレポートいたします。

本日は外壁塗装の作業をご紹介します。

 

以前の現場レポートでお伝えしましたが、塗料を塗る前にはケレンがけを行ってから塗装します。

下地処理後の最初に塗装したのはフィラーです。

 

下塗り材にはシーラーとフィラーがあり、言葉の響きも似ていてわかりにくいかもしれませんが、それぞれ役目が違います。

 

シーラーは主に上塗り塗料の密着性を向上させ、吸い込みムラ防止と下地補強を目的として使用します。

一方フィラーは外壁の凹凸を平滑する目止めの役割があり下地調整材として使用します。

 

最近のフィラーはシーラーも兼ね備えていますので、わざわざ両方を塗る必要がありません。

フィラーの塗膜は微弾性のため追従性がありクラックの抑制効果があります。

 

外壁塗装の画像

 

下塗りが終わったら中塗りを行います。

お客様が指定した色は中塗りからになります。

 

外壁塗装の画像

 

塗装の回数は3回、塗料メーカーの施工マニュアル通り塗装をしていきます。

ほとんどのメーカーの施工マニュアルは下塗り(塗装1回目)、中塗り(塗装2回目)、上塗り(塗装3回目)の流れで指示されています。

 

しかし、外壁の状態によっては塗料を多く吸い込んでしまい塗膜が十分な厚さをもたないこともあるため、必要な塗膜の厚みを得られない場合は再度塗り重ねます。

 

それでは外壁塗装の作業が終わりましたので今回はここまでです。

続きの作業は次回の現場レポートでお伝えします。

 

塗装工事の行程についてはこちらの「施工の流れ」をご覧ください。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る