現場レポート

神奈川県秦野市 雨戸・トタン外壁塗装

2020.12.27

トタン外壁塗装の画像

今回の現場レポートは雨戸とトタン外壁の塗装についてご紹介していきます。

トタンは今では少なくなってしまいましたが、昔の家ではよく使われていた素材です。

 

昔は波型トタンを外壁に張っている家がよくあり、コストが掛からず、定期的に塗装をしてあげれば長持ちする便利な素材でした。

 

しかし、メンテナンスをしないと鉄ですから錆も発生しますし、釘抜けも出てきます。

また、防水処理が適切でないと水が侵入してきますので、柱や土台などの構造体を腐食させてしまう可能性があり注意が必要です。

 

雨戸塗装の画像

 

トタン外壁や雨戸は鉄部ですので、塗装行程は基本的に一緒です。

下地処理を行い、錆止めを塗布します。

トタン外壁の釘抜けは以前の現場レポートでお伝えした通り、塗装前に直しておきました。

 

雨戸塗装の画像

 

塗装は塗布する塗料の種類によって耐用年数が変わります。

現在の主流はシリコン塗料で価格や耐久性のバランスがいいお勧めの塗料です。

 

また、塗装は素材の状態によって耐用年数が長くなったり、短くなったりします。

当然のことですが、塗布面の状態が良好なほど耐用年数は長くなりますので、状態が悪くなる前に塗装をしてあげるのがベストです。

 

こちらの「こんな症状が出たらご相談ください」にあるように、劣化症状が見えたら期間を空けずにメンテナンスをすることをお勧めします。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る