現場レポート

神奈川県秦野市 アパート補修・塗装工事

2021.1.15

劣化した軒天井の画像

神奈川県秦野市のアパートの塗装工事を行いましたので現場レポートをご紹介します。ご依頼いただいたお客様のアパートの状態は上記の写真の通り、塗膜の劣化や軒天井の剥がれなどが確認できました。また、今回はコーキングも劣化していたため、打ち直しを行いました。

 

旧塗膜剥がし施工の画像

 

一部既存状態が悪かったためスクレーパーを使用して塗膜を剥がしました。上記の写真は古くなった塗膜を剥がしているところです。塗装を行う際は下地処理が重要となってきます。

なぜ下地処理が重要かというと、上記の写真のように旧塗膜が残っている状態で新しい塗料を塗っても、うまく塗料が馴染まずに剥がれてしまうからです。もし、塗装工事を行う際は、依頼する業者に下地処理について詳しく説明をもらっておきましょう。

 

下地処理についてはこちらの「施工前の下地処理」をご覧ください。

 

旧塗膜剥がし後の画像

 

上記の写真は塗膜を剥がし終えたところになります。アパートに使用されている外壁材はサイディングという材料が使われており、等間隔で目地が設けられています。ここにはコーキングが打たれていますので、古くなったコーキングを剥がして打ち直していきます。

 

それでは今回の現場レポートはここまで。続きの作業は次回の現場レポートでお伝えしていきますので、楽しみにお待ちください!

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る