現場レポート

神奈川県秦野市 アパート コーキング打ち替え工事

2021.1.18

コーキング打ち替えの画像

神奈川県秦野市の現場の続きをお伝えします!今回の現場レポートはコーキングの打ち替えの作業をご紹介します。既存の外壁はサイディングが張られており、目地にコーキングが打たれています。既存状態は悪くひび割れておりますので、今回打ち替えることになりました。

 

最初の工程は既存のコーキングをヘラやカッターなどの道具を使って剥がしていきます。表面を見ただけだとわからないと思いますが、コーキングを剥がしてみると、けっこう深くまでコーキングが打たれているのがわかります。

 

コーキング打ち替えの画像

 

上記の写真はコーキングを剥がし終えたところです。目地の両端にはマスキングテープを貼っています。これはコーキングを目地に充填する際に余計なところにコーキングが付かないようにするためです。

 

 

コーキングを剥がしたら次にプライマーを塗布していきます。プライマーは下地とコーキングの密着性を良くするための材料です。プライマー塗布後、コーキングガンという専用の道具を使ってコーキングを目地に充填。

 

コーキングは時間が経つと硬化しますので、なるべくスピーディーに作業していくことが大切です。コーキング充填後はヘラを使ってきれいに均していき、硬化前にマスキングテープを剥がして完了となります。

 

これまでコーキングの耐用年数はそこまで長くありませんでしたが、現在は耐久性が向上したコーキングも販売されておりますので、コーキングの打ち替えを検討されている方は使用するコーキングの種類にもこだわってみましょう!

 

詳しくはこちらの「コーキングについて」をご覧ください。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る