現場レポート

神奈川県厚木市 S様邸 屋根・外壁塗装工事 コーキング打ち替え

2021.5.18

コーキング補修の画像

神奈川県厚木市の塗装現場の続きをお伝えします。

今回はコーキングの打ち替えを行いました。

 

コーキングの打ち替えは、まず既存の古くなったコーキングを撤去します。

コーキングは古くなると弾性をなくし硬くなっていますので、剥がすときは力を入れた勢いで外壁を傷つけないように注意しなければいけません。

 

コーキング補修の画像

 

コーキングを撤去したら、今度はコーキングを打つところにプライマーを塗ります。

プライマーは接着剤の役割があり、これを塗っておくことで下地からコーキングが剥がれにくくなります。

 

今回はプライマー塗布後そのままコーキングを打つのですが、コーキングを打つところの溝が深い場合はバックアップ材を入れて深さ調整をします。

 

コーキング補修の画像

 

コーキングを溝に充填していきます。

コーキングはコーキングガンという専用の道具にセットして打ちます。

 

コーキング補修の画像

 

コーキングガンで打ったままだと表面がデコボコですので、ヘラで均してあげると見栄えがきれいになります。

コーキングをきれいに仕上げるには硬化する前に形を整えておくことが重要です。

 

少しでも硬化がはじまると表面が滑らかに仕上がりませんので、作業を行うときは手際良く進める必要があります。

コーキングは建物の防水にとても重要なところですので、劣化が生じている場合は新しく打ち替えてあげましょう。

 

コーキングのことをもっと知りたいという方はこちらの「コーキングについて」をご覧ください。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る