現場レポート

神奈川県厚木市 S様邸 屋根・外壁塗装工事 破風板塗装

2021.6.5

破風板施工前の画像

神奈川県厚木市の塗装現場にて破風板の塗装を行いましたので現場レポートをご紹介します。

破風板とは屋根のケラバや軒先に取り付けられている板のことです。

 

破風板は屋根や雨樋からの水に触れやすい場所ですので、塗装が劣化していると腐食してしまう可能性があり注意が必要です。

 

苔もつきやすいので美観性のことも考慮し、定期的に塗装をしてあげることが大切です。

ご依頼いただいた建物の破風は汚れがついていて見栄えを落としてしまっていますので、塗装をして美観性を向上していきます。

 

破風板の塗装の画像

 

塗装の工程は基本的に同じです。

下地処理後に下塗りと仕上げの塗装をしていきます。

 

塗装は下地処理が重要となってきますので、これから塗装をお考えの方は下地処理についてどんな作業なのか知っておきましょう。

 

詳しくは「施工前の下地処理」で詳しくお伝えしていますので、こちらをご参考にしてください。

 

破風板の塗装の画像

 

破風板が木材だと塗装が劣化していた場合、水を吸ってしまい腐食を起こしてしまう可能性が高くなります。

2階の破風板だと交換するときに足場が必要になり、交換だけで足場を設置するのは割高です。

 

なるべく腐食させないように定期的に塗り替えを行い、万が一腐食している場合は足場を設置する塗装工事の時に新しく破風板を交換してあげましょう。

 

劣化症状を放置せずに適切なタイミングでメンテナンスをすることが、メンテナンスにかかるトータルコストを抑えるのにつながりますので、日頃から建物の状態がどうなっているか確認しておきましょう。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る