現場レポート

神奈川県伊勢原市 屋根・外壁塗装工事 施工前

2021.7.10

施工前の画像

神奈川県伊勢原市のお客様から屋根・外壁塗装工事のご依頼をいただきましたので、現場レポートをご紹介していきたいと思います。

 

こちらの建物には造作のデッキがありましたが、劣化により木材が腐食を起こしていました。

上記の写真を見ての通り、腐食でデッキのところは一部朽ちてしまっています。

 

施工前の画像

 

木材は塗装をしていないと水を吸ってしまい腐食を起こします。

腐食した木材は強度が低下してしまいますので、デッキのような場所は床が抜けてしまう可能性がありとても危険です。

 

施工前の画像

 

また、水を含んだ木材はシロアリを寄せ付ける原因にもなります。

シロアリは木材を餌としますので、木造住宅の場合ですと柱や土台などの構造体まで食べられてしまい、建物の性能を著しく落としてしまいます。

 

構造体まで食べられてしまったら修復するにも解体が必要になり工事規模も大きくなりますので、水に触れてしまうような場所の木材はかならず防水処理をしておくこととです。

 

こちらのデッキは木材がそのままの状態になっていますので、塗装をして水が染み込まないようにしていく必要があります。

 

こういった造作の場合はペンキで塗りつぶす仕上げか、木目を活かして仕上げるオイル塗装などがあります。

仕上げ方で見栄えが異なりますので、好みの方法で塗装をしてあげましょう。

 

ただし、あまりに傷んでいると仕上げにも影響しますので、なるべく劣化する前にメンテナンスをすることが大切です。

 

RINOAは無料で建物の診断を行っております。

建物の状態を知りたいという方は、ぜひ当社の無料診断をご利用ください。

詳しくはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る