現場レポート

神奈川県伊勢原市 屋根・外壁塗装工事 破風板と幕板の補修

2021.9.19

破風板の補修の画像

本日の現場レポートは破風板と幕板の補修をご紹介いたします。

破風板は屋根や雨樋に近いため水に触れやすく痛みやすい部材です。

 

風にあおられてしまうところでもありますので、劣化が進むと損傷を起こしてしまうことも。

破損した破風板は近隣の建物にぶつかってしまう恐れがありますので、被害が出る前にメンテナンスをしておくことが大切です。

 

外壁塗装工事では破損部や不具合箇所を塗装する前に補修しておきます。

塗装をすればこれらの不具合は見た目では目立たなくなりますが、状態が良くなっているわけではありません。

 

このまま放置してしまうと後々トラブルを起こしてしまう可能性がありますので、塗装を行われる方は、損傷しているところや不具合箇所をしっかり直してから塗装をしましょう。

 

補修についてはこちらの「施工前の下地処理」をご覧ください。

 

劣化症状についてはこちらの「こんな症状が出たらご相談ください」をご覧ください。

 

幕板の補修の画像

 

続いて幕板の補修です。

幕板は外壁の装飾材として取り付けられている部材です。

 

建物によって幕板がある家とない家がありますので、塗装をお考えの方は自分のお家に幕板があるのか確認しておきましょう。

 

RINOAは無料で建物診断を行なっておりますので、建物の状態を知りたい方は、ぜひお声がけください。

 

無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

 

破風板の塗装の画像

 

補修した跡が目立ってしまうのでは?と思われるかもしれませんがご安心ください。

補修後に塗装を行えば跡は目立たなくなりますので、外観の見栄えに支障は出ません。

 

むしろ補修しないと劣化している状態を残すことになりますので、後々問題になる可能性があります。

塗装をする際は傷んでいるところもちゃんと直してから塗装をしましょう。

“mu”

 

海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、秦野市、厚木市、伊勢原市で、塗装工事、屋根工事のことなら、RINOAへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る