現場レポート

神奈川県海老名市 I様邸 付帯部 破風板の塗装

2021.9.25

外壁塗装の画像

神奈川県海老名市の塗装現場にて付帯部の破風板の塗装作業をご紹介したいと思います。

付帯部は外壁塗装工事に含まれる塗装箇所で、他にも軒天井や鉄部、雨樋などがあります。

 

塗装箇所は見積もりの内訳に記載されていますので、これから塗装工事をお考えの方はよく見積もり内容を確認しておきましょう。

 

見積もりについてはこちらの「料金について」をご覧ください。

 

破風板の塗装の画像

 

こちらのお家の破風板は木材が使われていました。

もともと破風板は屋根や雨樋に接しているところのため、水に触れやすく腐食を起こしやすいです。

 

2階の破風板だと補修や交換する際に足場が必要となってきてしまいますので、なるべく痛みが出る前に塗装をしておくことが大切です。

 

足場についてはこちらの「屋根と外壁はセットでお得」をご覧ください。

 

RINOAは無料で建物診断を行っております。

塗装の時期や劣化症状があるなど、どんなことでもかまいませんので、お家のことでなにかお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

 

無料診断についてはこちらの「プロが見る無料診断」をご覧ください。

 

破風板の塗装の画像

 

痛む前に塗装をしておく理由があり、それは下地処理が十分にできなくなってしまう恐れがあるからです。

下地処理が塗装の耐久性を左右しますので、適切に下地処理ができていないといけません。

 

下地処理の詳しいことについては「施工前の下地処理」でお伝えしておりますので、こちらをご覧ください。

 

それでは本日の現場レポートはここまでになります。

次回も塗装作業をご紹介していきますので、楽しみにしていてください。

“mu”

 

海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、秦野市、厚木市、伊勢原市で、塗装工事、屋根工事のことなら、RINOAへお気軽にご相談ください。

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る