現場レポート

神奈川県秦野市 K様邸 ベランダ防水 下塗り~上塗り

2022.3.11

 

本日は、以前もご紹介した神奈川県秦野市でのK様邸のベランダ防水塗装の様子をご紹介します。

 

前回は、高圧洗浄をおこないケレン作業までが終了していました。

 

その続きで、今回は下塗り・中塗り・上塗りをして作業完了となります

 

 

下塗り

 

 

まずは、下塗りをおこないます。

 

下塗りは、塗料の密着をよくし、さらに仕上がりをきれいにするために重要な工程になります。

 

 

中塗り

 

 

下塗りが終わり、しっかり乾燥させたあとは、中塗りをおこないます。

 

中塗りで使用する塗料は、上塗りと同じ塗料です。

 

 

上塗り

 

 

無事に上塗りが終わったので、これでベランダの防水工事は完了となります。

 

今回は、ベランダでしたが、そのほかにもバルコニーや屋上などはさらに雨にさらされるため、防水工事をおこなう必要があります。

 

 

防水工事についてはこちらからご覧ください。「防水工事」

 

 

防水機能が低下して水分が建物内部に侵入すると、柱などが腐食し建物の強度がなくなってしまいます。

 

そのため、雨漏りなどがある場合は早めの対応をし、そのようなトラブルが起こらないために定期的なメンテナンスをしておきましょう。

 

気になる方は、一度無料診断を利用してみてください。

「プロが見る無料診断」

 

*K*

 

 

海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、秦野市、厚木市、伊勢原市で、塗装工事、屋根工事のことなら、RINOAへお気軽にご相談ください。

神奈川県伊勢原市の外壁塗装店【RIONA】

 

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る