現場レポート

神奈川県秦野市 瓦棒屋根塗装 現場レポート

2020.12.16

瓦棒屋根下地処理の画像

神奈川県秦野市の現場にて瓦棒屋根の塗装作業をレポートします!

瓦棒屋根とは板金の屋根に木の角材を設置し、角材の上にキャップ状の板金を被せて仕上がっている屋根です。

 

昔はよく瓦棒屋根を見かけましたが、最近では少なくなってきました。

瓦棒屋根は金属屋根の特性から非常に軽量で、緩い屋根勾配でも対応することができる柔軟な性質を持っています。

 

瓦棒屋根下地処理の画像

 

瓦棒屋根は定期的に塗装をすればとても長持ちしますが、劣化してそのままにしてしまうと錆が発生して強度を低下させます。

 

劣化が激しいと適切な下地処理ができなかったり、塗装をしてもすぐに剥がれてしまったりするため、痛みが出る前にメンテナンスをすることが大切です。

 

上記の写真はケレンがけを行っているところです。

 

瓦棒屋根下塗りの画像

 

ケレンがけを終えたら下塗りです。

この赤い塗料は錆止めを塗布しています。

桟のところも塗り残しがないように丁寧に塗装をします。

 

瓦棒屋根下塗りの画像

 

事前に外しておいたベランダ床の下もちゃんと塗装をします。

現場によっては既存のものを外さないと塗れないところがあります。

 

作業行程は増えるためその分の工事費用は掛かりますが、塗らないままにしてしまうと、そこの部分だけ劣化が進行してしまいます。

 

塗装しない箇所を残さずにちゃんと全体を塗った方が、後々に掛かるメンテナンス費用も抑えられますので、塗装範囲を狭めないで全体的に塗装しましょう。

 

それでは下塗りが完了したところで今回の現場レポートは終わりです。

続きは次回の現場レポートでご紹介しますので、楽しみにお待ちください!

 

塗装工事は情報収集することがとても大切。

塗装のことのなら、ぜひこちらの「塗装職人のうんちく」をご参考にしてみてください!

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る