現場レポート

神奈川県秦野市 屋根・外壁塗装工事 屋根塗装 現場レポート

2021.2.4

屋根塗装中塗りの画像

神奈川県秦野市の現場にて屋根の塗装を行いましたので現場レポートをご紹介します!ご依頼あったお家の屋根はスレートが葺かれておりました。スレートは戸建て住宅では多く普及している屋根材で非常に軽量になっています。屋根材の重量が軽いことで建物への負担が軽減し、耐震性にも優れる屋根材となっています。

 

屋根塗装上塗りの画像

 

スレートはセメントが主原料となっており、そこに繊維を混合して強度を高めています。この原料に使われているセメントは水を吸う性質があるため塗装で防水性を持たせているのですが、経年劣化により塗装が剥がれると水を吸ってしまいます。

 

劣化が進むと基材そのものが悪くなってしまい、屋根材の下に敷いてあるルーフィングにも影響を及ぼしてしまうので注意が必要です。損傷状態がひどいと最悪は雨漏りを引き起こしますので、このような状態になる前にメンテナンスをしておきましょう!

 

屋根塗装施工後の画像

 

屋根の塗装は下地処理のケレン後にタスペーサーという部材を取り付けます。タスペーサーとは屋根材の隙間に差し込む部材で、この部材により塗料の密着で屋根材の隙間を塞ぐことを防ぐことができます。

 

タスペーサー取り付け後は下塗りを塗布してから中塗り、上塗りと工程が進んでいきます。上記の写真を見ての通り、屋根の塗装をすると建物が引き締まって見えます。屋根の塗装は足場の設置が必須ですので、このタイミングで足場が必要な工事を行っておくことも大切です。

 

同じタイミングで工事をしておけば足場代も節約できますので、これから工事を行うと考えている方は他に必要な工事がないか確認しましょう!

 

足場代の節約についてはこちらの「屋根と外壁はセットでお得」をご覧ください。

 

それでは今回の現場レポートはここまでです。続きは次回の現場レポートでお伝えしていきますので、楽しみにお待ちください!

*mu*

施工事例

施工事例一覧
ご依頼ありがとうございます

お客様の声

もっと見る